認知症の予防・進行抑制に有効なサプリメントとは?

認知症にならないようにしたい、あるいはこれ以上認知症が進行しないようにしたいと思う人はたくさんいるかと思います。

特に認知症予防に関しては、認知症になっているわけでもない場合に治療薬は処方してもらうことはできません。

そんな時に手軽に利用することができるのが、サプリメントです。

 

近年では知的栄養サプリメントの開発が進み、記憶能力や学習能力を向上させる物質を配合したものが多く広まっています。

医療機関

医療機関でも取り扱われているものもあり、病気の症状が改善されたケースや、要介護度がさがったりしたケースも報告されています。

また、アルツハイマー症の進行を遅らせたり予防効果が期待できるフェルラ酸や脳の活性を助ける成分であるホスファチジルセリン、脳の血流を促すビンカマイナーといった成分を含むサプリメントも販売されています。

物忘れが改善されたとか、ふさぎ込みがちだった気分が明るくなったといった効果が期待できます。

 

そして、近年アルツハイマー型や脳血管型認知症に効果があるとされて期待されているのが、EPAやDHAといった魚に多く含まれる栄養素です。

魚食が減っていると言われる現代人は、このEPAやDHAが不足しがちです。なので予防の観点からもこれらの栄養素をサプリメントで摂取することが望ましいのです。

色んなメーカーからEPAやDHAが販売されていますが、原料や含有量をしっかりチェックして自分に合ったサプリメントを選択することがおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。