軽度のアルツハイマー型認知症にサプリメントは有効か?

アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも一番多いといわれている認知症で、男性よりも女性に多くみられ、どんどん増加の傾向があると報告されています。

老人

アルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドβやタウと呼ばれるタンパク質がたまってしまい、神経細胞が壊れて死んでしまい、減っていくことで認知機能に障害が生じると考えられています。

 

アルツハイマー型認知症は、最近のできごとを忘れてしまうという症状が見られ、記憶ができなくなってしまいますが、脳の異変は、記憶障害が起きる何年も前から起きています。

 

アルツハイマーに対する治療薬は、早期に投与することで、症状の進行を緩やかにすることができると考えられていますから、早期発見が重要となります。

 

高齢になると増えていく認知症は、今や社会問題となっています。

現在の医学では、根治がむずかしいといわれていますが、早期に治療を行うことで、進行を遅らせたり、サプリメントなどで予防ができると考えられています。

認知症の進行をゆるめたり、適切な時期に措置することで、症状を予防することは、いくつかの方法で可能といわれています。

軽度なアルツハイマーの予防や改善には効果的な成分として、普段食べるものの中にいろいろと含まれています。

毎日の食事で、必要な栄養素をとりいれるのが難しい場合には、脳に働きかける成分が複合配合されたサプリメントが効果的です。

脳によいとされる成分はサプリメントでとれるようになりましたが、一種類の成分だけを摂取するのではなく、複数を組み合わせることで、より効果が高くなります。

 

コメントは受け付けていません。